Global Video Release

海外向けビデオニュースリリース配信

日本語 / ENGLISH

特徴



人の移動が制限されても、情報やビジネスは止められません。

新型コロナウイルスを機に、多くの企業は現在「オンライン環境下」において情報やビジョン、またESGなど社会的価値観の共有をグローバルなレベルで推し進める必要性に直面しています。

素晴らしい事業やサービスなのにも関わらず、メディアがなかなか取り上げない「良いニュース」。今だからこそ、企業が世界の投資家やクライアントに語りかけたい「想い」や「メッセージ」、貴社の話題を海外に響く動画にまとめ、国内外のメディア関係者や対象視聴者に向けて直接オンライン配信します。

海外向けニュース制作の経験が豊富な取材チームが、皆様のビジネスやイベントなどを取材し、記事や原稿も執筆。タイムリーな動画ニュースリポートとして対象視聴者の言語でお届けする、貴社のグローバルな企業価値を向上させるメディアサービスです。

報道チームによる
取材・撮影

信頼の
多言語制作

全世界へ
配信







取材
海外メディア経験豊富な元ジャーナリストのチームが取材




制作
英語などの多言語で、世界から信頼される動画と記事を責任制作




配信
全世界の媒体社、ジャーナリスト、ライター、ブロガーへ直接配信


3つの効果

海外メディア・視聴者からの「信頼」

海外ジャーナリズムの経験と手法を活かし、グローバルな視聴者にしっかりと信 頼される内容とクオリティーのコンテンツをお約束します。

現地からの「共感」

言語や映像のクオリティーはもちろんのこと、現地視聴者の目線に立ち、視聴者 にしっかりと共感されるコンテンツづくりを弊社は重要視しています。

グローバルな「価値」の向上

海外向けに御社のサービスや製品の「価値」が最大となる部分を取材の過程で探し、その部分にフォーカスすることで、御社の価値を明確化し、向上させます。

ご利用シーンの例



PR( 海外広報・ジャーナリスト向け )

記者会見や企業イベントのダイジェスト動画、プレスリリースの動画化、観光・自治体プロモーション、 商品紹介など様々な用途にビデオリリースをご活用いただけます。



IR(投資家向け)

海外の投資家は、企業の環境や社会への貢献度を重視する傾向が強まっています。しかしながら、企業のこのような「良いニュース」はメディアの通常の報道の中ではなかなか取り上げられません。企業自らが積極的にSDGsやESGへの貢献をアピールしていく必要があります。また決算期などにおける企業トップのメッセージやインタビューも、ビデオリリース化が可能です。



B-to-B(特定の業界関係者)

特定の業界関係者向けの商品プロモーションやマーケティングを目的とするB-to-Bコンテンツも、ビデオリリースとして制作・配信が可能です。

サービスの流れ

① お打ち合わせ

ニュース価値の明確化や、対象視聴者の属性設定を行います。

② コンテンツ制作 + ローカライゼーション

海外向け報道経験が豊富な取材、撮影、編集、言語のプロチームが、素材を90秒 程度のコンテンツに必要な言語でパッケージ化します。
英語・日本語でのバイリン ガル制作を基本とし、さらに中国語やスペイン語、フランス語などを含めた多言語 への対応も可能です。

③ ターゲット配信

対象とする国や地域の特定の視聴者層に向けて、
ニュース・コンテンツを配信します。 弊社の「戦略PR」パートナーである株式会社 カーツメディアワークス が提供する海外向けプレスリリース配信ネットワーク「Global PR Wire」を用いて、 目的別に効果を最大化する配信を行います。

④ SNS 展開 + フォローアップ

必要に応じてソーシャルメディアでもコンテンツを展開し、視聴結果などをご報告します。

制作例