パシフィック ブリッジ (PBMC) のチームは、世界の様々な国のメディア・映像制作に関わってきた、海外コミュニケーションと映像の専門家によって構成されています。


これまでに日本はもちろん、アメリカ、ヨーロッパ、中国、東南アジア、オーストラリア、中東、南米など様々な国や地域で、国際視聴者向けのコンテンツを企画・制作・配信してまいりました。


テレビ、新聞、オンライン、コーポレート映像制作の分野において世界各国で築き上げてきたネットワークを強みに、文化や国境を乗り越え、世界の人々や意識をつなぐことのできる動画コンテンツの制作を目指しています。






CEO 前田利継



東京生まれ。UCバークレー大学院卒業 (ジャーナリズム修士)。 国際メディア・ジャーナリズム業界で20年以上の経験と実績を持つ、メディアとコミュニケーションの専門家。

日本とアメリカを中心に、ロイター通信社、AP通信社、 New York Newsday、The Japan Times、中国CCTVなど、国内外のテレビ・出版業界で記者やTVプロデューサー、特派員として活躍。

2010年にパシフィク ブリッジ (PBMC)を設立。 グローバル展開する企業向けに、映像と言語とテクノロジーを組み合わせた、様々な映像コンテンツの企画・制作を展開中。

一方、ジャーナリストとしても海外の視聴者に日本のニュースを伝え続け、時事英語の指導やメディアセミナーの講師も行っている。